PC操作

応募時の注意点

医療事務の求人は佐賀にも多くありますが、応募するときは待遇や人間関係をしっかりと確認しておかねばなりません。院長の采配で待遇が変わる場合は注意が必要です。また人間関係についても雰囲気を確認してみる必要があります。

ニュース一覧

介護

困っている人を助けよう

高齢者を助けるホームヘルパー求人は増加傾向にあり、仕事の枠が広いです。自宅訪問して仕事をするのでまったりと仕事をすることができます。また、ホームヘルパーは人のためになるやりがいを感じる仕事ですのでおすすめです。

介護士と老人

自分の目で現場を見ること

求人雑誌やハローワークでも多く求人掲載されている職業として介護士があります。もし、介護士を目指して求人を探しているのであれば、多くの求人から応募先を見つけるのに苦労するかもしれません。そのような場合は、実際に見学の申し入れをしてみましょう。

パソコン操作

病院全体に関わる仕事

医療事務の仕事は、病院全体に関係する仕事でやりがいが大きく、佐賀県内の病院でも多数の求人があります。資格がなくても補助的仕事をすることができますが、資格を先に取っておいた方が給料面での待遇もよくなります。

手

自宅に訪問して介護

ホームヘルパーとは自宅に訪問して介護を行う人のことで、他の介護職同様求人は増加傾向にあります。施設介護と違いその人にあわせた介護が可能となるので、責任も大きいですがやりがいも大きくなることが多いです。

介護職につくには

手

種類や仕事内容

介護士の求人は非常に多く、どこを選んでいいか迷う方も多いです。一概に介護士といっても在宅のホームヘルパーや施設で働く介護士などさまざまです。仕事内容も働く場によっては全く違うことも多いので、求人をみて働く前に知っておくことが大切です。在宅のホームヘルパーの求人の仕事は、利用者の生活に合わせるため、時間が固定されていないことが多いです。ヘルパーの求人の仕事は、ごはんの支度・介助、排泄や着替えの補助、投薬、入浴の補助などその他の家事も入ります。老人ホームなど施設の場合も基本的にすることは同じですが、24時間体制の場合は夜勤など交代制で行うことになります。また施設によっては工作を行ったり趣味活動を取り入れているところもあります。デイサービスではそうした活動を多く取り入れており、まだ介護がそこまで必要でない老人でも、日常生活に刺激を与えたいという血縁者からの要望から通わせている人も多くいます。日常的な補助だけでなくコミュニケーションを取るなど精神的にもサポートすることが求められます。点滴などの医療行為は一切できないので注意が必要です。介護士は資格がなくてもなることが出来る職業です。ただ、資格があるとないとではお給料の面でも大きく変わってきます。最低でもホームヘルパー2級は取得しておきたいところです。130時間の講習と実習を受ければ取得することが出来ます。資格を持つことで任せられる仕事の幅も広くなります。