ニュース一覧

自宅に訪問して介護

手

施設介護との違い

介護の仕事はニーズが多く、様々な働き方があります。ホームヘルパーも介護の仕事の一つで、訪問介護員などと呼ばれることもあります。ホームヘルパーはその名の通り介護が必要な人の自宅に行って介護を行う形の仕事です。施設に入る人ほど介護の重要度は高くないことが多く、家事の手伝いといった生活支援が中心的なサービスとなります。施設にはいるよりも自宅で過ごしたいというニーズを持つ人は多いので、そうした人を対象としたサービスも増えてきており、ホームヘルパーの求人も増えつつあります。施設介護と大きく違うのは、集団対集団で介護を行うか、個人対個人で介護を行うかという点です。ホームヘルパーの場合は個人対個人の支援となるので、その人にあわせてきめ細かい支援が可能となります。基本的に個人で考えて動くことになるので、責任も重くなりますが、同時にやりがいも大きくなります。施設介護ではやりがいが感じられなくても、ホームヘルパーならばやりがいを感じるというタイプの人も多いはずです。施設介護で思うような介護ができないと感じて、ホームヘルパーの求人に応募してくる人もいます。ただ基本的に個人で支援をすることになるため、求人に応募しても未経験者がいきなりホームヘルパーとして働くことはまずありません。求人に通ったとしても、まずは施設介護などで介護の経験と実績を積み、その後ホームヘルパーとして徐々に独り立ちしていくというのがふつうです。その点については注意しておく必要があるでしょう。